トレーニング ベンチのおすすめ人気ランキング10選【2022年】

トレーニングベンチは、フラットベンチを任意の方向に傾けることができるため、フラットベンチとは大きく異なるトレーニングが可能です。ニーズに合ったものを選ぶのは難しいかもしれませんが、自宅でより便利に運動するのに役立つ信頼できるツールです。

そこで、価格、機能、耐荷重など、すべての要素から選ぶ方法を説明し、初めて傾斜ベンチを購入する人でも適切なモデルを選択できるようにし、10の傾斜ベンチを提案します。今回。

自宅で本格的な研修を行いたい場合は参考にしてください。

トレーニングベンチとは

トレーニングベンチとは

トレーニングベンチは、より強い筋肉の発達を助ける機器の一部です。背もたれと座面の角度を調整することで、背もたれと腹部にダンベルプレス運動を行うことができます。三角筋や上腕三頭筋などの筋肉は、大胸筋で効果的に機能する可能性があります。

トレーニングベンチの種類

フラットベンチ

フラットベンチ

これは、床と座席の高さを備えた最も伝統的なベンチであり、最も使用されているトレーニングベンチです。それらの多くは、多くの重量を運ぶことができ、バランス感覚が良好です。他のトレーニングベンチと比較して低コストであることを考えると、最初のトレーニングベンチを購入する人に強くお勧めします。

インクラインベンチ

インクラインベンチ

トレーニングベンチの形として、より高いヘッドレストを備えた傾斜ベンチを持つことが可能です。インクラインベンチプレスやインクラインダンベルプレスのようなエクササイズは、鎖骨が上がっているため、頭を持ち上げた状態で行うことができます。筋力トレーニングの実用的な知識を持っている中級から上級のユーザーは、このサプリメントを利用することをお勧めします。

デクラインベンチ

デクラインベンチ

頭を下げた状態で、下降ベンチは傾斜ベンチの正反対になります。ベンチプレスを辞退するなどのエクササイズは、頭を下げた状態で行うことができます。可動域も広がる可能性があるため、より重い負荷を使用したり、少しでも筋肉を動かしたりしたい中級から上級のユーザーに最適です。

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチ

調節可能なベンチは、ワークアウトをカスタマイズできる可動式ヘッドレスト付きのトレーニングベンチです。それらの多くはもう少し高価ですが、これを使用して傾斜トレーニングと傾斜トレーニングの両方を実行できます。幅広いトレーニングに取り組みたい場合は、オプションが大幅に拡大されるため、これは適切なオプションです。

フォールディングベンチ

フォールディングベンチ

折りたたむことができる一種のトレーニングベンチは、折りたたみベンチとして知られています。使用しないときは、トレーニングベンチが多くのスペースを占め、家に置いておくと邪魔になることがあります。このような問題は、折りたたみ式ベンチによって解決されます。脚とシートは、使用しないときはスペースを節約するために折りたたむことができます。折りたたみ式の折りたたみ式ベンチは、多くのスペースを占有したくないが、安定性が必要な場合に最適なオプションです。

トレーニング ベンチ おすすめ

1. FITMATE 多機能ダンベルベンチ

大きな男は400kgの体重で簡単に運動するかもしれません。

折りたたみ式ですが、頑丈なスチールでできており、最大400ポンドまで収納できます。7度のバックアジャストと3つのレベルのシートアジャストがあり、傾斜、下降、フラットトレーニングなどのさまざまなエクササイズが可能です。推奨される最大の高さは190cmで、パイプには滑り止めのカバーが付いており、その下の床が踏まれても害を及ぼすことはありません。

あなたが頑丈なトレーニングテーブルを探しているなら、これはあなたのためのものです。さらに、巨大な体格の男性はそれを使用する必要があります。

2. ワサイ(WASAI) トレーニングベンチ MK600

組み立てる必要がなく、初心者でも使いやすいベーシックなベンチです。足を広げて背もたれの傾きを調整するだけで、準備が整います。4つの単純な傾斜度(0、30、60、および90°)で、使用方法を問題なく習得できます。フックに掛けるだけで変更できます。

平らな面でも傾斜した面でも使用できるほか、さまざまなエクササイズにも対応できます。これらのエクササイズは、大胸筋をダンベルプレスで操作したり、広背筋を傾斜したダンベル列でトレーニングしたりする場合に最適です。耐荷重は180kgなので、通常の重量のダンベルを使用できます。

シートは、平らに置いた場合に頭を収容するのに十分な幅と奥行きがあります。幅113cm、奥行き27cmです。傾斜している場合は、付属のヘッドシートを使用して頭を後ろに傾けることができます。折りたたみ式のデザインが小さいため、収納を優先する方に最適です。また、重さは約10kgと持ち運びが簡単です。

3. eSPORTS『リーディングエッジ マルチポジションベンチ(LE-B80)』

水平状態だけでなく、この種類は、最大70度まで上昇し、最大-12度まで下降するためにも使用できます。

ダンベルプレス(ダンベルを上げるアクション)は、大胸筋の上部と下部が機能しないため、ターゲットにするのが難しい場合があります。座席の角度を調整することで、これらの領域(通常の仰臥位)をより意識してトレーニングすることができます。強い体格を作りたい人には、シートの角度を調整できる椅子のスタイルが理想的です。

揺れが少なく、最大耐荷重が高いため、中級から上級のユーザーに適した3点構造になっています。

4. IROTEC(アイロテック) フラットベンチ EX

パフォーマンスを念頭に置いて設計されたIrotechのトレーニング ベンチは、スキルレベルや目標に関係なく、さまざまな種類のトレーニングに対応できるオプションを提供します。3点支持構造のフレームは、ぐらつきやきしみ音を軽減する安定感を提供します。パワーラックで利用したい方も是非ご利用ください。

5. HAIGE「フラットベンチ HG-FB101」

HAIGEのフラットベンチHG-FB101は、400kgの重量を備えたトレーニングベンチです。3層シート構造を採用することで、衝撃吸収と快適性を実現。スリーポイントサポート形状のIレッグに足を近づけることで、正しい位置でトレーニングできます。

優れた弾力性と柔軟性、そして耐汚れ性により、このシート生地は長期間の使用に理想的です。衣服のシームレスな構造は、汗が衣服に漏れて不快な臭いを引き起こすのを防ぎます。

6. FLYBIRD トレーニングベンチ

平らでもどんな位置でも利用できるトレーニング ベンチ。ワンタッチで角度を変えることができるので、さまざまな筋肉を鍛えるために使用する角度を完全に制御できます。また、小さなスペースに折りたたんで収納することもできます。フレームの脚は大きく、地面に滑り止めのキャップが付いているので、運動中に体が震えることはありません。ショルダープレッサーは、バックシートの3段階のレイズの恩恵も受けます。

7. LEADINGEDGE(リーディングエッジ)フォールディング フラットベンチ 折りたたみLE-FFB2

人気の「LEADINGEDGE」フラットベンチが最優秀賞を受賞しました。脚がねじれる可能性があるため、コンパクトな収納が可能です。各コンポーネントの遊びの量を減らすデバイスのおかげで、ガタつきなく安定性が達成されます。

レビューでは「左右の偏り」についていくつかの苦情がありましたが、編集部に来たものは何の問題もありませんでした。個人差がある場合は、購入時に再確認することが重要です。

平らな表面を持つ従来のトレーニング ベンチ。5000円に設定するとたくさんゲットできます。折りたたみ式でありながら、フレームの接触面積が大きく、安心感があります。シート幅は通常27cmなので、片手漕ぎ、ダンベルプレス、フライエクササイズなどを問題なく行うことができます。

8.  KAPEOトレーニングベンチ

低価格! 高度なトレーニングに理想的なダンベル。

この傾斜トレーニング ベンチは、ダンベルを持ったアスリートのようにトレーニングしたい場合に必須です。重いダンベルを使用する場合、400 kgの耐荷重があるため、ぐらつくことはありません。

さらに、この製品のレザーシートには、足を安全に保つための「滑り止めフォーム」の底が含まれています。それはあなたが期待するすべての本質的な機能を備えた一流の製品です。

9. BARWING(バーウィング) 3WAY可変式 トレーニングベンチ

BARWINの調整可能なベンチは、太くて耐久性のあるパイプで支えられている強力なトレーニングベンチです。重いおもりを使用している場合でも、パイプの転がり防止特性により、ベンチは転がりません。ベンチの脚は小さく、ユーザーの進路を妨げません。トレーニング負荷に関しては、背もたれの角度を8回調整でき、シートの表面を4回変更できます。

10. YouTen(ユーテン) トレーニングベンチ

YouTenトレーニング ベンチの脚とシートは、収納に便利なように半分に折りたたむことができます。それでも、耐荷重は300kgで安全です。シートの長さは118cm、シートの高さは5段階に変更できるので、快適にワークアウトできます。

これらの仕様により、価格は手頃な価格になります。Cospaは好評で、しばしば推奨される製品であるため、Cospaの評判はそれに先行しています。

トレーニング ベンチ 選び方

インクラインベンチというラベルが付いていますが、その名前で多くのものが提供されています。決定する際に考慮すべき要素はたくさんありますが、そのうちのいくつかを見ていきます。

トレーニング ベンチ 選び方

設定可能な角度や角度調節の仕方で選ぶ

傾斜ベンチは、より急な角度に設定すると、肩と背中上部に大きな負担がかかります。ペックと三角筋のサイズを大きくしたい場合は、より複雑な角度調整機能を使用することをお勧めします。角度の調整は、ロックピン、はしご、またはボルトを使用する3つの方法で行うことができます。これらは一度に1つずつ締め直す必要があるため、少し時間がかかります。どちらもワンプッシュ方式であるロックピン方式とラダー方式が最も便利です。

フラットベンチからの買い替え時は設置サイズに注意

フラットベンチは傾斜ベンチよりやや小さいです。そのため、すでにフラットベンチをお持ちの場合は、設置寸法を測定して、フラットインクラインベンチが同じ場所に収まるようにしてください。

バックシートの幅や長さで選ぶ

シートが広すぎたり狭すぎたりすると、傾斜ベンチは安定しません。どちらも腕を自由に動かすことはできません。理想的なシート幅は25〜30センチメートルです。十分な長さのバッグシートで頭を支えてください。また、座面の角度を調整することで、より確実な座位を実現できます。シートが平らな場合、腰が滑る場合がありますので、シートの幅と長さ、および新しい椅子を購入する際のシートの有用性を比較してください。

耐荷重は200kg以上のものを!

耐荷重は最も重要な要素です。

ダンベルトレーニングには150kgで十分ですが、フラットベンチは傾斜ベンチよりも積み込みが簡単なので、ダンベルトレーニングには200 kg、バーベルのような大きなウェイトが出発点として適しています。一般的な経験則として、それを利用したい人は250kgを目指すべきです。

折りたたみ式なら収納も可能

使用しないときは、トレーニングベンチを内部の小さなスペースに収納できます。ピンの挿入と取り外し、ボルトのねじりの両方が、脚を固定する最も一般的な方法です。

折りたたみ式ですが、耐荷重への影響は少なく、200kgを超えるものも多いので、購入前に確認することをお勧めします。

トレーニングベンチを持つメリット

負荷の大きなトレーニングが可能になる

自宅にトレーニングベンチがあると、ベンチプレスのような頑丈なエクササイズを都合の良いときに行うことができます。より重い体重で運動することにより、筋肉をより効果的に活性化し、肥大を増加させることができます。

自分の体重でもドラゴンフラッグのような最も難しい自重運動を完了できたとしても、さまざまなトレーニングオプションがあるため、バーベルやダンベルを手に入れたいと思うかもしれません。ただし、十分な数があることには利点があります。

普段からベンチとしても使える

彼らがそれを使うつもりがないならば、人々はトレーニングベンチにお金を使いたくないかもしれません。一方、トレーニングベンチは、ベンチとして使用しない場合は椅子として使用できます。その結果、多くの人が同じ椅子に座ることができ、少し重いものを乗せても安定します。

スペースを節約するために、トレーニング中にトレーニングベンチと椅子として同時に使用してください。

トレーニングベンチのデメリットとは?

反対に、ベンチの欠点は、スペースを占有することです。一般的に、トレーニングベンチの幅は50cm、長さは110〜130cmなので、畳2枚分のスペースで逃げることができますが、それが不可能な場合は、小さめのベンチを使用する必要があります。

折り畳み式は、使用しないときに目詰まりするのを防ぎます。

初心者にもインクラインベンチは必要?

筋力トレーニングの初心者は、トレーニングベンチを使用することでもメリットがあります。あなたがそれを準備するつもりなら、マルチタイプの製品を選んでください。あなたはフラットを運動することから始めて、そしてあなたがそれに慣れたらリクライニングに進むべきです。

トレーニングベンチの使い方

まとめ

前の段落では、トレーニングベンチについて説明しました。トレーニングベンチが1つしかない場合は、はるかに多くのトレーニングに取り組むことができます。あなたのスポーツと選択基準に基づいて、どのトレーニングベンチがあなたに適しているかを判断してください。

コメントする