筋トレ後のお風呂を浴びるべきですか?

筋トレ後はお風呂、体から毒素を取り除き、リラックスするために温浴をしたいと思います。しかし、トレーニング後に入浴することのメリットとデメリットについては多くの議論があり、シャワーを浴びる方が良いと主張する人もいます。トレーニング後に温浴をするのはどうですか? この記事では、入力方法とメモの作成方法に関する詳細な手順を説明します。

筋トレ後にお風呂に浸かるのは大丈夫?

筋トレ後にお風呂に浸かるのは大丈夫?

トレーニング後に浴槽に浸かると筋肉に害を及ぼす可能性があると言われていますが、結果として問題はありません。一方、入浴には利点があります。ここでは、ワークアウト後の入浴が受け入れられる理由とその利点について説明します。

筋トレ後のお風呂が大丈夫な理由

筋肉の炎症は、トレーニング後の浴槽への浸水についての不快な感情の原因であると考えられています。筋肉を構築するためには、最初に重い負荷で筋線維を破壊し、次にそれらを再構築する必要があります。その結果、運動した筋肉は炎症を起こしやすく、温かいお風呂に浸すことで悪化する可能性があります。

提案されているように、代わりに冷たいシャワーを浴びるか、冷たい水に浸してください。

しかし、トレーニング後の入浴が炎症を増加させるという決定的な証拠はありません。また、さまざまな調査研究で、シャワーと冷水浸漬の回復への影響が異なるかどうかも不明です。

筋トレ後のバスについては、長時間浸すか、短時間シャワーを浴びて冷やすことができます。

お風呂に浸かるメリット

以下は入浴の主な利点です。

  • 血流の増加の結果として代謝が改善されます
  • 筋肉の緊張や肩こりが緩和される場合があります。
  • 緊張や不安を和らげる
  • 睡眠の質を向上させる

温かいお風呂に入ると、全身の筋肉がリラックスし、こわばりや緊張がほぐれます。これは、浴槽に浸すことで緩和される場合があります。さらに、新陳代謝を高め、身体的および精神的なリラクゼーションを促進します。これらはすべて、より良い睡眠と疲労からのより迅速な回復に貢献します。

お風呂に入る前に筋トレをするデメリット

お風呂の前にあなたの筋肉を鍛えることの欠点は最小限です。

たとえば、シャワーを浴びた後は、筋肉の柔軟性が低いため、ベッドから出るのが難しくなることがあります。

筋肉が硬く、可動域が制限されていると、効果的に運動することができません。

筋トレをする前に、しっかりとストレッチを取り入れましょう!

ワークアウト後、シャワーを浴びるまでどのくらい待つ必要がありますか?

ワークアウト後、シャワーを浴びるまでどのくらい待つ必要がありますか?

入浴するのに理想的な時間帯と、狙う時間帯を見ていきます。「研修後はすぐに洗濯をやめるべき」という時期もありましたが、今では入場のタイミングや時期を気にする必要のない見方も多いようです。

実際には、多くの人は気にせず、ジムで運動した後すぐにリラックスしたお風呂に入ります。いくつかの専門家によると、午後と夕方は筋肉運動に最適な時間と考えられています。筋トレはこの時期に行われるかもしれませんが、多くの人はまだ仕事をしている夜に運動することを好むと思います。

夜の筋肉運動には夜間風呂が必要です。入浴後、いつ入るか、いつ出るかを気にする必要はありません。

しかし、筋肉のトレーニングを終えた後は入浴しないようにアドバイスする人もいます。数時間後、本当に心配な場合は、入場時間を変更するか、シャワーを浴びて汗を流してください。

筋トレ後にお風呂に入る場合の注意事項

激しいトレーニングの後は、熱いシャワーを浴びてリラックスして水分を補給することをお勧めします。筋トレの後、入浴中は注意して進めてください。

筋トレ後は時間を空けてから入浴

損傷したやや炎症を起こした筋肉は、運動の結果です。数分待ってから、穏やかなシャワーを浴びて体を冷やしてください。

トレーニング後の冷たいシャワーについて

十分な時間があると主張しても、汗をかいた後も服を着たままにしておくと、体が冷たくなり、病気にかかりやすくなる可能性があります。まだ汗をかいているときに入浴すると少し違和感を覚えるかもしれません。冷たいシャワーを浴びることは、熱に敏感な人にとって有益です。

トレーニングの後、冷たいシャワーを浴びることが筋肉の回復を早めるのに役立つと信じている人もいます。運動後に冷水に浸すと、筋肉の不快感が軽減され、回復が早まるようでしたが、別の研究では有意差は見られませんでした。

トレーニング前後にお風呂を楽しもう

それは大変な作業でした。ジムでのハードワークアウトの後、リラックスできるお風呂はあなたがリラックスするために必要なものです。

筋トレを最大限に活用するには、筋肉を休める必要があります。

入浴は、トレーニングの肉体的および感情的な負担を軽減するのに役立ちます。このセクションでは、疲れを和らげるのに役立つ入浴方法を説明します。

自律神経が整う温冷交互浴のすすめ

温かいお風呂と冷たいお風呂を交互に入浴することは、疲労から回復するための効率的な方法です。

温水と冷水での入浴は、自律神経系を刺激して、活動的で安らかな「交感神経」と「副交感神経」を交互に繰り返すため、システムの機能が向上します。

家にいる場合:

  • ぬるま湯(摂氏36〜38度)の浴槽に入れます。
  • 冷水でシャワーを浴びる(冷水が苦手な方は低温設定のお湯が使えます)
  • 3〜4セットの場合、手順1〜2を繰り返します。

自律神経系は、このプロセスで約1時間連続して入浴することにより、徐々に強化されます。

時間が経つとお湯の温度が下がるので、温めてお湯を足してください。

もちろん、冷たいシャワーを浴びるだけの最後のステップは、望ましい効果をもたらします。

筋肉増強療法を完了した後も定期的に運動を続けると、体質が改善され、疲労感を感じることなく、より長く、より激しく働くことができます。

さらに、ジムで筋肉を鍛える人には、サウナと冷浴を内蔵した温浴と冷浴を交互に行うことをお勧めします。血管の拡張と収縮は、交互技術を使用することによって交互に行うことができます。

栄養素や酸素を体に伝える機能である血液循環を促進することで、運動の疲れを和らげ、回復を早めることができます。

お風呂中や入浴後はストレッチとマッサージがおすすめ

運動による筋肉の不快感は、温かいお風呂で軽減することができます。血液循環を促進する全身への温暖化の影響は、回復プロセスをスピードアップします。

自宅のバスタブはマッサージやストレッチにも使用できますので、お勧めします。血流と倦怠感も改善されます。

また、銭湯や温泉などの大きな浴槽に浸かって体を温めながら、体を揉んだり伸ばしたりして、疲れを癒すこともできます。

体温が上がると、ストレッチがしやすくなり、可動域が広がり始めます。トレーニング中に使用できる筋肉が多いほど、体が柔らかくなり、可動域が広がります。

筋トレは、リラックスした入浴体験をすることで改善される可能性があります。

指圧マスターが入浴後のマッサージをしてくれるかもしれませんが、自宅でストレッチポールやボールを使うこともできます。

ストレッチをするときは、ふくらはぎの後ろ、太ももの前、つま先、足首、お尻と腰に座ってストレッチしていることを覚えておくことが重要です。

トレーニング前後の2回のお風呂で筋肉に良いリラックス効果も

ワークアウト後もまだ時間があれば、バス->筋トレ->ストレッチ->バス->ストレッチだけでなく、バ​​ス->筋トレ->ストレッチ->バス->ストレッチを行うことを検討してください。

これは、考え方を「これから」から「トレーニングする」に変えることができるという利点です。

清潔で新しくなったと感じたい場合は、メンタルヘルスに有益な影響を与える可能性があります。

この状況にはいくつかの長所と短所がありますが、長湯は禁止されていることを忘れないでください。全身風呂では、体の筋肉がきつくなりすぎます。

前の段落では、筋肉が損傷して修復されると、より強い筋肉が生まれると言われていました。

しかし、長時間の入浴は、緊張したときと同じ負荷をかけた場合でも、体を柔らかくし、圧力を和らげることができます。

このため、最初のお風呂は短くて暑く、トレーニング後のお風呂は長くてぬるいという考えが良いでしょう。入浴時に脱水症状にならないように、十分な水を飲みましょう。

筋トレ後のお風呂でおすすめのストレッチ

筋トレ後のお風呂でおすすめのストレッチ

シャワーを降りたらストレッチしてください! 聞いたことがあるかもしれませんが、トレーニング後に浴槽に浸るときはストレッチすることもお勧めします。

体を暖かく保ちながらしなやかさを取り戻すのは簡単です。あなたが運動できる筋肉が多ければ多いほど、あなたの体はより柔らかくそしてより柔軟になります。

ボーナスとして、体が水に浮かんでいるので、あなたはあなたの筋肉をより簡単に伸ばすことができます。

ふくらはぎ〜ももの裏側のストレッチ

  1. 体が浮かないように、両手で浴槽の端をつかんでください。
  2. 足の裏を浴槽の壁に置いて、つま先を手前に引きます。ふくらはぎと脚の後ろを20〜30秒間伸ばし、そこで成長を感じます。
  3. 上下に移動する前に、壁から足を離して数秒間過ごします。

脚の全長を走ることで、ふくらはぎから太ももへの血流を増やします。

下半身は上半身だけで作業していると引き締まる傾向があるので、そのような日には柔軟に保つことが重要です。

太もも前側のストレッチ

  1. かかとを腰に当てて、浴槽に座ります。
  2. 約20秒間、太ももの前を伸ばします。

もっと伸びを感じたい場合は、上半身を少し後ろに押します。

このエクササイズでは、太ももの前側の太ももの筋肉を伸ばします。

倦怠感からの回復を助けるために、太ももの筋肉への血流を増やすことが役立つと仮定することは合理的です。

床ではなくお風呂でそれを行うことは、一部の個人の痛みや不快感の一部を軽減します。

足指と足首のストレッチ

  1. 左手の指を右足のつま先の間に置いて組み立てます。
  2. これを行うときは、必ず指を強く押し下げてください。
  3. 「手を握る」は、指をこすり合わせるように繰り返す必要があります。

次に、さらに20〜30秒待ってから、プロセスを最初からやり直します。

手を伸ばすときは、つま先が外側を向いていることを確認してください。

最初は簡単に見えても、多くの人はつま先を開くのに苦労するかもしれません。

多くの人は、そうする機会がほとんどないときに、現代社会でつま先を小刻みに動かす方法を忘れています。

この手順の結果、つま先の筋肉が活性化され、動くことができます。

つま先を伸ばした後、足首を回転させます。

  1. つま先をつかみながら、5〜10本の足首が内側に曲がります。
  2. これは10回まで行うことができます。つま先は両側に伸ばす必要があります。

人のつま先は足の裏に接続されており、足の裏は足首とふくらはぎの筋肉に接続されています。その結果、体の端まで血流が増加し、倦怠感からの回復に役立ちます。

筋トレ後風呂に関するよくある質問

温浴のお湯を使うのに最適な回数は?

筋トレの後、摂氏38〜40度のぬるま湯に浸して、筋肉の成長を最大化します。

暑くなりすぎると鎮静効果が低下するため、暖かくなりすぎると睡眠が困難になり、睡眠の質が低下します。筋肉の回復と発達は睡眠中に分泌される大量の成長ホルモンによって促進されるため、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの産生が低下し、トレーニング後に入浴するのは逆効果になります。最終的にはすべてうまくいくでしょう。

摂氏38〜40度の穏やかな水で入浴すると、筋肉が拡張し、体をリラックスさせ、ぐっすりと眠り、成長ホルモンを放出します。

筋トレ後、どのくらいシャワーを浴びるべきですか?

筋トレセッションの後、浴槽に長時間浸すことにより、筋肉の成長が促進されます。一度に15分以内で使用する必要があります。

長時間浸すと、「筋肉がリラックスし、疲れたままでいるのが難しくなる」お風呂のメリットが失われます。少なくとも15分間保持すると、筋肉が適度にリラックスし、血液循環が促進され、老廃物や倦怠感の化学物質が除去され、栄養素がより早く筋肉に到達できるようになります。これは筋肉の発達に役立ちます。それは成長するでしょう。

まとめ

いずれにせよ、私は痛みを伴う困難な筋トレの影響を最適化する入浴アプローチを使用したいと思います。いつものようにウェイトを持ち上げて入浴しても大丈夫です。

筋肉のトレーニングを最大限に活用するには、1つのバスだけに注意を払う必要があります。

コメントする