毎日筋トレの結果は何ですか? あなたのために答えなさい

この記事では、毎日筋トレをやった結果について説明します。

また、毎日筋トレができるかどうかだけでなく、筋力発達のメカニズム、筋トレの注意点、筋トレメニューの組み立て方など、さまざまなポイントについて説明します。

筋トレは毎日やった方がいいの?

筋トレは毎日やった方がいいの?

筋肉痛があるときは、毎日筋力トレーニングを行うべきではありません。

筋肉が損傷から回復するのに必要な時間は、年齢など、人によって異なります。

約2〜3日かかると言われています。

これは、筋トレを行った後、数日間筋肉を休まなければならないことを意味します。

数日経っても筋肉痛が治まらない場合は、もう少し休む必要があります。

一方、筋力トレーニングにある程度慣れている場合は、同じ負荷をかけることも、少し増やしても筋肉が耐えられるので、毎日行うことができます。

効果的な筋トレの頻度

効果的な筋トレの頻度

基本は週2回~3回くらいがおすすめ

筋肉増強セッションの後、少なくとも2日間は家を出ることが推奨されます。骨格筋はトレーニング後に回復するのに24〜48時間かかるため、十分な休息をとってその時間を最大限に活用することが不可欠です。言い換えれば、週に3回、隔日で筋トレを行うことが有益です。

ただし、週2回の筋トレは筋力に最も大きな影響を与えるのに対し、週3回の運動は筋の発達に影響を与えないと言われています。

結果として、筋肉トレーニングは少なくとも週に2回行われるべきです。

毎日筋トレしたい人は部位を分けてやろう

筋トレは珍しいので、もっと頻繁に練習したいです!何を言っても心配しないでください。

作業する領域を小さなセグメントに分割すると、毎日トレーニングを行うことができます。

最初に心に留めておくべきことは、一日で全身を運動させるのは難しいということです。コンポーネントを2つに分割し、もう一方を休ませながら一度に1つの筋肉を運動させることをお勧めします。

胸、背中、肩、腕、脚、腹部は、6つの主要な体の部分を構成しています。 1日1回は週に一度だけで、筋トレへの影響は弱くなります。したがって、合計6つのパーツから2つから3つのパーツを3つに統合する必要があります。

例えば、

  • 胸、腕の裏側、肩の前側
  • 背中、腕の前側、肩の後ろ側
  • 足、お腹

その結果、3つに分ければ、2日間の休みをとって1つの部分をトレーニングすることができ、1週間に2周できるので、各コンポーネントは1週間に2回です。トレーニングが必要になります。

週2回+αで筋トレの技術を磨くトレーニングをするのもおすすめ

筋トレは筋肉の成長を促進しますが、トレーニング方法を改善し、運動の数を増やすことによって筋トレの質を高めることも重要です。

特に初心者の場合、トレーニングフォームをすぐに永久に体に刻印し、それを日常の一部にすることが重要です。野球のスイングの形で行うのが望ましいので、週に2回[筋トレでトレーニングフォームを磨く]ことも行う必要があります。

過度の力で運転することは避けてください。頻繁なトレーニングは、筋肉に負担をかけない限り問題ありません。過労にならないように、テクニックを1回調べ、週に複数回筋トレを完了することで、トレーニングの質を高めることができます。

筋トレを行う時間はいつが良いか

時間帯に関係なく、筋トレはあなたの体に同じ影響を与えます。 最も重要なことは、あなたにとって都合の良い時間にそれをあなたの日常の一部にすることです。

朝起きるのが得意な人もいれば、夜遅くまで起き上がるのが得意な人もいます。 多くの人は仕事から帰る途中でジムに行きますが、他の人は朝一番に行きます。 これを計画するときは、その人の自然な概日周期に従う方が良いでしょう。

日常の筋トレに有害なNG行動とは何ですか?

日常の筋トレに有害なNG行動とは何ですか?

あなたは毎日一生懸命働いていますが、少しの不注意は逆の影響を与えるかもしれません。

これを回避するには、「毎日の筋肉運動」中に注意すべき点を理解することが重要です。

筋トレ前後にストレッチをしないのはNG

運動前後の動的ストレッチと静的ストレッチは、それぞれ「血流を刺激する効果」と「筋肉の倦怠感を和らげる効果」があります。

運動後にストレッチすることで、背中などの使いすぎた筋肉の世話をします。

毎日筋トレを行うと、筋肉の使用頻度が増えることに気付くでしょう。筋トレの前後に適切にウォーミングアップとクールダウンを行うと、怪我を防ぐのに役立ちます。

筋トレだけして栄養補給をしないのはNG

「栄養」は、日常的に筋肉運動をより効果的にするための鍵です。

筋肉の発達には多くのタンパク質が必要であり、これは非常に重要です。

食事で十分なタンパク質を摂取できるのが最善ですが、それが難しい場合は、筋トレ後、朝食時、就寝直前にプロテインシェイクを飲んで摂取量を補うことを検討してください。

タンパク質の摂取量を正しく計ることができれば、ウェイトトレーニングのメリットをより早く理解できます。

無理して休息を取らないのもNG

筋トレに関しては、毎日のルーチンが重要ですが、充電するために数日休む必要もあります。

筋トレの目標を再評価することをお勧めします。目標は、あなたが何を食べているかを追跡することではなく、あなたの筋肉増強トレーニングを最大限に活用することであるべきです。

筋肉の超回復には24〜72時間が必要と考えられています。筋トレから数日間休むと、筋肉に目立った影響はありません。

たとえば、通常の体重増加が遅くなっていることに気付いた場合や、通常よりも疲れている場合は、無理せずに休憩してください。

筋肉痛に対処しているときに覚えておくべき最も重要なことは、少し休むことです。

トレーニング後の栄養補給も大切

プロテインシェイクやその他のトレーニング後の食事補助は必須です。 たんぱく質や砂糖などの栄養素を摂取することを忘れないで、筋肉量を増やすことができます。

トレーニング後のホエイプロテインは、消化と吸収が容易なため、トレーニング後の回復に最適なサプリメントです。 負傷した筋肉の治癒と回復を助けるため。 すぐに服用する必要はありませんが、運動した直後に服用することをお勧めします。

身体運動の直後に、筋肉の修復と発達がピークに達すると考えられています。 筋肉質の物質に必要なタンパク質の量が増加しているため、できるだけ早くタンパク質の供給を回復する必要があります。 運動前と運動中は消化能力が低下するという事実は別として、運動の約1〜2時間前に摂取することで、体の栄養状態が高まることが予想されます。

筋トレ毎日やった結果のまとめ

筋トレの最も重要な要素は「継続」です。 続けられないのなら、何を食べたり、寝たり、訓練したりしてもかまいません。

ですから、最初はやり過ぎて習慣を身につけるのは素晴らしいことだと思います。 筋肉の発達を止めないでください、そして新しいルーチンに慣れるために毎日運動し続けてください。 それが私が考えることができる最良の選択肢です。

コメントする